ようこそ! 「ユーザー車検でお金を節約しよう」へ

ライトの点検方法

方向指示器を“左”に点滅させ、フロントとバックからチェックします。ヘッド・ライトを点灯させ、フロントの左右が暗くても見えるようになるかチェックします。センターに一つの電球のケースと、二つの球が左右についているケースがあります。ヘッド・ライトをアップにして付けます。

スモールライトを点灯させ、フロントの左右とバックのテールランプが間違いなく点灯しているかチェックします。歩行者の安全のために、強く光を当てないように設計されているからだと言われています。フォグランプが全て点灯しているかをチェックしてください。注意点もし、前回車検を受けた時から今回の車検までに後ろからぶつかられる事故を経験していたり、前方部分のバンパーの修理をしたりしている車であることが判明している場合は、修理のプロセスの中でライトの向きがずれていることがあり、受験コースのライト廻りのテスターで判定NGが出る場合があります。

方向指示器を“右”に点滅させ、フロントとバックからチェックします。ユーザー車検を受ける前の点検の一つとして、ライトの点検を説明します。ブレーキをかけて、シフトレバーRに切り替え、バックからバックランプがついているかチェックします。ハザード(三角マーク)を点滅させ、フロントとバックからチェックします。

右ハンドルの車はややライト気味に、左ハンドルの車はレフト気味に強くライトが向くようになっています。この対策は難しいですので、心配な方は車検場の受験コースに入る前に、前もって専門の人(ディーラーやカーショップ)にて点検してもらうことをお薦めします。この時に、バックのナンバーの電球が点灯しているかもチェックしてください。


ライトの点検方法の関連サイト・ブログを紹介します。

点検整備記録簿の点検方法
4.ライト光軸検査 ... ここではユーザー車検の為の点検方法を、点検整備記録簿の項目に合わせて説明していきます。 日頃より点検・整備を自分で行っている方 ...
www.user-shaken.com/tenken/index.html

Aprica アップリカ
ミラノライト両対面 下記の製品名及び品番をご確認いただき、対象製品の場合は点検方法をご参照のうえ点検をお願い致します。 ねじのゆるみが見つかりました場合は弊社窓口(フリーダイヤル:0120-545-370)までお問い合わせいただきますようお願い致します ...
www.aprica.jp/hm/html/info/_info_16.html

予備車検 | ユーザー車検をする方法
予備車検とは、車検場と同じようなブレーキ・サイドスリップ・スピード・ライト・排ガスの検査ができる施設をもつ工場で、前もって点検と整備を実施することです。 これは車検時に使用する記録簿の「テスター」に該当する検査項目です。
sagase.net/yu-za-shakenwosuruhouhou/link/7.html