ようこそ! 「ユーザー車検でお金を節約しよう」へ

ドライブシャフトの点検

日常的に、車を走行していてカーブで曲がるときに、タイヤの部分から音が出てはいませんか。なるべく小さな音でも異音が鳴りだしたら、これから紹介する点検方法をまず行い、その後で修理工場に持って行きましょう。修理費を低く抑えたい場合や、この車にはもう残りわずかしか乗らないから修理費を節約したい場合は、簡単なドライブシャフトも売り出されているので相談してみてください。このゴムをタイヤ部分から見てもチェックしにくいときは、エンジンルームから車軸の中央よりの部分にライトをあてながら探してみてください。最悪のケースのものは、ゴムが裂けて割れてしまっているものもありますし、蛇腹がちゃんと広がらないものもあります。次に、右前輪タイヤの後ろから、タイヤの付け根箇所と中央箇所の蛇腹のゴムをライトで照らし、同様に劣化やグリス漏れが見られないかチェックしましょう。

エンジンがかかっている際は、ファンベルトなどに身に付けているもの巻き込まれないよう細心の注意をしてください。。(つまり左にハンドルを回してチェックした同じ蛇腹のゴムを反対向きからチェックすることになります)。これを放置しておくと、ハンドリングがうまくいかずに大変危険です。左前輪タイヤの前方からライトを照らし、タイヤの付け根部分についている蛇腹のゴムを探し、ゴムの溝が劣化していたり、グリスが漏れてベタベタになっていたりしないかをチェックしましょう。まずボンネットをひらき、ボンネットを支え棒でしっかり固定させてください。

ユーザー車検の時に必要だと思われるメンテナンスを紹介します。次にもう少し中央寄りを覗き、同様の蛇腹のゴムを見つけてください。さらに左前輪タイヤ後ろからも二箇所の蛇腹のゴムをチェックしてください。そのゴムも劣化や漏れがないかチェックしてください。もしも異音が大きく鳴り出すようになったときは、すでに手遅れの可能性も有るので、修理をしても音がなくならない場合があります。

エンジンを始動させて、ハンドルを左いっぱいに回します。タイヤ付け根に付いていたゴムより、多少長めの蛇腹のゴムが付いています。次は、ハンドルを右にいっぱい回します。左側と対照的に、右前輪タイヤの前からタイヤの付け根箇所と中央箇所の蛇腹のゴムをチェックしてください。しかし、非常に大切な箇所ですから、また2年後の車検も受けて継続して運転したいと思われる方は丈夫な純正部品での交換をお薦めします。


ドライブシャフトの点検の関連サイト・ブログを紹介します。

ドライブシャフトのブーツ交換 - 福知山の自動車屋 三和モーター ...
福知山自動車販売 自動車整備 車検 福知山でオイル交換 車検 点検 クルマメンテナンス 三和モーター商会で!!!!
blog.goo.ne.jp/miwamotors/e/

ドライブシャフトブーツ交換 - オデッセイRA.com
上記の費用に加えてドライブシャフト片側で、プラス2万円は覚悟しておいたほうが良いですよ。 そうなる前に定期的に点検を受けることが、ダメージを少なく抑える最良の手段です。 早期発見→早期治療を心がけましょう!
www.ra-odyssey.com/upkeep/dshaft.html

ドライブシャフトの点検(車検整備)
の国土交通省認証の自動車整備工場です。 「誠実・迅速・丁寧」な対応を心がけ、ご要望に合わせた、 車検 、 整備、修理、板金塗装 、中古車販売などを扱っています。 くるまの修理や整備など、お気軽にご相談ください。
www.ushibuse.jp/article/13271526.html