ようこそ! 「ユーザー車検でお金を節約しよう」へ

車検の検査項目とは

ユーザー車検のライン検査とは

・検査員が車のバック側に来たら、再度ライト類の検査をします。スモールにして、尾灯、ナンバー灯を付けて、ブレーキを踏んでランプを点灯させます。そしてウォッシャー液を噴出し、ワイパーを動かし、クラクションを1回鳴らします。 外観検査は以上です。) そのあと、ウインカーを左、右と何回か点灯させ、ハザードランプを何回か点灯させます。 ・前の人の外観検査が終了すると、あなたの前に検査員が立ちますので、それ...

ユーザー車検,ライト光軸検査 ・ブレーキ検査

ブレーキチェックをするときは、シフトはニュートラルの状態にし、サイドブレーキをかけない状態にします。過剰な言い方になりますが、ハンドルをガッチリと支え、思いっきりブレーキを踏んでください。チェックが終わると、電光掲示板に合格か不合格の判定が表示されます。これも電光掲示板の指示のタイミングで、サイドブレーキを引きます。ブレーキに十分なブレーキ性能があるかをチェックします。 検査機がそれぞれのヘッ...

ユーザー車検のサイドスリップ検査

ハンドルを切らない状態で、ゆっくりと真っ直ぐ進んで通過していきます。この左右の動きを調査して、横滑りの程度の大きさ検査します。もしも電光掲示板に合格という文字が出れば、次の検査に移っていきましょう。・検査ラインに進入する前から黄色のラインに沿って、車が真っ直ぐになるようにする・通過する際は、慎重にゆっくりと通過する・通過中にハンドルを切らない。 検査ラインに入った後は、電光掲示板に沿って検査を進...

ユーザー車検で再検査の時

※万が一不合格の可能性も考慮し、車検の予約はできる限り早い時間帯に受けることをお勧めします。ライトなどの電球類の外観検査だけという再検査の内容のときは、もう一度検査ラインに並ぶ必要がない検査場もあります。もしも外観検査ではなく、ライトの光軸の再検査のように、検査ラインで検査をうける必要があるときは、再び検査ラインの列に並ぶ必要があります。 合格判定がでなかった箇所を改めて整備した後に、検査員か...

車体の下回り検査

車を止めているピットは、可動できるような構造になっておりますし、前輪を軽くゆすったりもしますので、検査途中に車体が多少揺れたりもします。ナットが緩んでいるかどうかは、先のとがった専用のハンマーで叩いて、そのとき出る音で判定します。また、検査員がマイクを使用して、ブレーキを踏むように指示したり、サイドブレーキを解除したり、ロックしたりするように指示がありますので、その指示に従って動作してください。...

ユーザー車検の点検・整備について

ブレーキの状態はタイヤを外して点検できるようになっていますが、取り替えるとなると分解整備となりますので、絶対に専門の業者に依頼をして交換をしてもらってください。また、日々日常から自動車を運転していれば、気が付く点検項目などもたくさんあります。ジャッキを使って車を持ち上げる事も可能ですが、あくまでも緊急時のタイヤ交換のものです。 ユーザー車検でも一番大切なのが、点検・整備です。 ※注意点 自分で不...

ユーザー車検のスピード検査

スピード、ライト光軸、ブレーキのチェックは、全て検査場の設備である検査機の上で実施されます。アクセルを踏んでスピードメーター40km/時を表示するようになったら、ライトをパッシングさせます。そしたら、合格・不合格の判定が電光掲示板に出ますので、スムーズにブレーキを踏んで停止します。 サイドスリップ検査が終了すれば、その次はスピード検査に進んでいきます。そのためにも、短時間でアクセルをグッと踏みこ...