ようこそ! 「ユーザー車検でお金を節約しよう」へ

ユーザー車検のメリット・デメリット

ユーザー車検のデメリット

点検・整備などは自動車に多少なりとも知識に詳しい方であれば、大体1日あれば済んでしまうでしょう。また、ディーラーなどでは日曜日や週末などの休みの日でも車検代行の依頼が可能になりますが、ユーザー車検のように自分で検査場に持っていってお願いする場合は、平日のみしか出来ません。さらには、ユーザー車検の当日でも、はやければ2時間もあれば、そのほとんどが終わってしまいます。 ユーザー車検の短所となる所をあ...

ユーザー車検のメリット・デメリット

ユーザー車検に最低限必要な費用は、税金に関する費用で、「重量税」「自賠責(強制保険)」それに「検査手数料」があり、おおよそですが2000ccの小型乗用車で67000円程度です。一方デメリットとしては、平日昼間に車検場まで行く時間を作らなくてはならないことと、自分で点検や整備を実施した場合には、他の誰かを責めることは不可能である(メーカーや工場の保証はない)ということです。「指定工場」は多くの車販...

ユーザー車検代行業者に依頼する

ユーザー車検の手順は、多少の専門的な知識も必要で、しかも検査に時間もかかりますが、費用を安く抑えるメリットがあるほか、車の知識を勉強することで、日常のトラブルにもある程度対応できるようになります。反面、ユーザー車検は、土、日、祝日は車検場が休みのため受験出来ないので、平日に休みを取らないと、ユーザー車検を受けられません。どうしても平日休みが取れないときは、カーディーラーやユーザー車検代行業者などに...