ようこそ! 「ユーザー車検でお金を節約しよう」へ

ユーザー車検を予約しよう

車検の検査場では毎日、時間制限のある中でたくさんの車の検査が実施されています。
当然ですが、1日に検査可能な車の台数には限度がありますから、ユーザー車検を受ける場合はあらかじめ予約が必要です。
ユーザー車検の予約は電話予約のほか、インターネットでの予約もできます。
ユーザー車検をインターネットで予約される場合は、国土交通省(http://www.kensayoyaku.mlit.go.jp/CarAnswer/app)で検査を受けられる検査場を調べ、検査予約可能なtelに電話をしてください。
 
ユーザー車検予約は、車検を受ける当日の約2週間前から予約ができますが、1日に検査できる車の数には台数制限がありますので、希望日の直前では予約がいっぱいになり、予定したい日に予約が取れないこともあります。
ユーザー車検の希望日を決めて、予約はできる限り早くしておく方がいいですね。

ユーザー車検の予約が済むと、番号が通知されます。この番号は、ユーザー車検の時に、自動車検査表に書き込むことがありますので、絶対にメモを取って忘れないようにしてください。

ユーザー車検は、いわゆる車検切れといわれる車検証が期限切れになる1ヶ月前から検査を受けられます。
十分な日程上のゆとりを持って、ユーザー車検を受けるようにしましょう。


車検の期限失効の前にユーザー車検を受けた時でも、もし不合格となった場合、不合格の項目についての再整備が必要となりますから、再検査を受けるまでに車検証の有効期限が過ぎてしまう事もあります。仮に、車検証の期限が過ぎてしまった場合、違反にならないために市区町村役所で仮のナンバーを交付してもらいましょう。

ユーザー車検を受ける準備として、点検はもちろん、整備などをする必要もあります。
新車の場合はともかく、点検や整備にかかる時間も考えて、ユーザー車検の検査日を決めてください。

ユーザー車検は、何らかの事情で予約日にユーザー車検が受けられなくなった場合には、予約取り消しもできます。
でも、ドタキャンなど予定日直前の予約取り消しをすると、他のユーザ車検を希望している人に迷惑になることも考えて、キャンセルは早めにを心がけましょう。