ようこそ! 「ユーザー車検でお金を節約しよう」へ

ユーザー車検の用意

ユーザー車検に必要書類

・自動車損害賠償責任保険証明書 自賠責保険自賠責保険証書は新規で交付される車検証のリミットを超えるような契約が必須なので、ユーザー車検までに新しく2年間の契約をします。車検当日に用意できなければ、かまわないそうですが、必ずあった方がいいでしょう。・自動車検査表 検査手数料分の収入印紙を貼り付けて、ライン検査をする際に、それぞれの検査のOKとNGを印していきます。・自動車重量税納付書 重量税納付書...

収入印紙購入 ・予約の確認・ライン検査

特に、重量税は非常に高い費用になりますので、ユーザー車検の日に購入することをお勧めします。収入印紙は手数料、重量税を納めるのに必要であり、それぞれ自動車検査表、自動車重量税納付書に貼付します。次はライン検査です。当然、当日は出来るだけ早く終わらせたいと思う方は、前もって購入していただいてもかまいません。・ナットの締まり具合を点検するので、ホイールにカバーやキャップは、外しておいてください。 予約...

ユーザー車検を予約しよう

車検の検査場では毎日、時間制限のある中でたくさんの車の検査が実施されています。当然ですが、1日に検査可能な車の台数には限度がありますから、ユーザー車検を受ける場合はあらかじめ予約が必要です。ユーザー車検の予約は電話予約のほか、インターネットでの予約もできます。ユーザー車検をインターネットで予約される場合は、国土交通省(http://www.kensayoyaku.mlit.go.jp/CarAns...

ユーザー車検場の下調べをしておこう

車検は、新車の時は3年、通常は2年ですが、自賠責なども含まれて費用が非常に高く、もっと安くできないかぁと思っている人も多いと思います。 もし、あなたが車検費用を抑えるためにユーザー車検を受けようと考えているのなら、まずユーザー車検の検査場を事前に下調べしておきましょう。 どこの建物で行い、どのような手順で手続きを進めていけばいいのか、受け付けはどこの窓口へ行けばよいのか、前もってめ調べておくといい...